All

All · 2024/06/22
 このところ原稿2件と書類2種に時間を使っていてサイトはあまり更新していない。この状態はまだまだ続きそうだ。それでも毎日世界のどこかから誰かがアクセスしてくれている。ありがたいことです。日本と海外が 2 : 1。少しずつ積み上がっていっている原稿がまとまったらサイトも様相を一変する。ブロンズも神話画も。しばし待たれよ。
All · 2024/01/15
Musei Capitolini, Roma で現在開催中の特別展 Fidia (Pheidias: 24/11/2023 - 5/5/2024, a cura di C. Parisi Presicce et al.) の展示と図録についての批評を Antonio Corso が発表した (13/1/2024, academia.edu)。傾聴に値すると思うのでここに pdf/jpg を掲載する。

All · 2023/08/25
葛飾北斎「富嶽三十六景/神奈川沖浪裏」英語通称「Great Wave」(1831頃)も「福島汚染水」によって永遠に汚されてしまった。

All · 2023/08/22
・In Giappone, la distruzione delle università, chiamata come riforma universitaria, è stata attuata dal 1993, quasi contemporaneamente al mio trasferimento a Roma in marzo 1995, e, in aprile 2004, poco prima che ho conseguito il dottorato di ricerca con una tesi sui bronzi greci, il sistema di università statali sono stato completamente cambiato. ・Di conseguenza in poi, il numero di posti di professore a tempo pieno ha continuato a diminuire, e i nuovi ricercatori dottorati hanno ora un...
All · 2023/08/17
le but de la poésie n'est pas, comme dit Baudelaire, de plonger au fond de l'infini pour trouver du nouveau, mais au fond du défini pour y trouver de l'inépuisable - Jean Cocteau 詩の目標は、ボードレールのいうとおり、無限の底に潜って新しいものを見つけることではなく、限定されたもの(有限)の底に潜って汲みつくせないもの(無限)を見つけることにある。 - ジャン・コクトー

All · 2023/07/24
ブロンズないし大理石彫刻で身体に密着した薄いあるいは濡れた着衣を表現することはすでに紀元前5世紀ギリシアで魅力的な造形課題として追究されている。 ① 前470-460年頃の「Ludovisi の玉座」の Aphrodite Anadyomene(海から上がるアフロディーテー)とそれを支える二人の Horai(季節たち)を嚆矢として ② 前420年頃 Paionios が一塊りの大理石から制作した「Olympia の...

All · 2023/06/28
・むかし Venceslas Kruta が前 4 世紀前半に作られた Casque d'Amfreville についての論文でその兜を「問題群の収斂点」としていた (Kruta 1973)。 ・それを承けさらに敷衍して私は Casa dei Dioscuri に描かれていた Andromeda/Perseus がそれまでの Andromeda/Perseus の造形表現すべての収斂点・凝縮点でありかつその後の表現すべての出発点となったことを示した (Hada 1993)。...

All · 2023/06/24
・日本時間 2023.6.23 21:00 – 26:35 に開催された Kyklos 2023 online conference "The Greek Epic Cycle and the Odyssey" を視聴。 ・プログラムを掲載しておく。9本みな面白く刺戟的だった。Philostratos, Eikones 註解従事中の私としては特に最後の話(様々な構成法)に興味を惹かれた。 ・今のところアーカイヴでも視聴可能↓

All · 2023/05/17
・ヨーロッパで面識がなくメールだけのやりとりだと私 Hada は Mme/Signora と返されることが多い。Ada は女性名だから。Vladimir Nabokov の長編小説。1990年代 Roma に住んでいたとき私は大抵「アーダ」と呼ばれていたが、最近は正しく「ハダ」と呼ばれることが多い。最近は知ってる人としか会わないからだろう。 ・1980年頃 Sicilia の Trapani/Drepana から Tunis...
All · 2023/05/12
・統一創価政府による暴虐政治が続く中、力盡きて倒れてしまう人たちが日々確実に存在する😢 ・日本社会全体がそうした人々からできるだけ目を逸らしながら自分とその周辺だけは何とか無事に生き延びようと心を砕く空気に覆われている😱 ・デモ/スト/一揆/世直しが燎原の火の如く広がるのはいつ⚡️

さらに表示する