I-1


I-1

ドレーロスのアポッローン/レートー/アルテミス、〜スフューレーラタ

Apollon/Leto/Artemis from Dreros; D. Sphyrelata; Iraklion S.

現所在 Iraklion, Archaeological Museum, 2445, 2446, 2447 
発見  1935年。クレータ島東部、ドレーロスのアポッローン神殿の祭壇の上
現存高さ ca. 80cm, 40cm, 40cm 
合金分析   
分鑄  木芯鍛造 
推定年代  前8世紀 


I-2


I-2

デルフォイの蛇形円柱と三脚

Delphic Serpentine Column and Tripod

現所在 (a) 基台=Delphoi, アポッローン神域, in situ. (b) 円柱=Istanbul, 競馬場のスピナ(折り返し地点), in situ. (c) 蛇の頭1点=Istanbul Archaeological Museum, 18 
発見  古代以来 
現存高さ (b) 高さ 535cm; (c) 長さ 33.8cm 
合金分析   
分鑄   
推定年代  前478/477年 


I-3


I-3

イズミールの女性像断片

Female Statue Fragments of Izmir

現所在 Izmir, Archaeological Museum, 3544 
発見  1953/8/9。小アジアのアダスィ岬に近い海岸沖。クニドス半島に近く、シュメー=シュミ島の東、ロドス島最北端の真北に位置する。海綿採集者 
現存高さ 81cm 
合金分析   
分鑄   
推定年代  前3世紀初め