T-1


T-1

ウジェントのゼウス

Ugento Zeus

現所在 Taranto, Museo Nazionale, 121327 
発見  1961/12/22。レッチェ県、ウジェント。古代ウゼントゥムのアクロポリスがあったところ。土木作業員 
現存高さ (柱頭・基板を除く)71.8cm 
合金分析 

(ゼウス)Cu 86.78%, Sn 8.47%, Pb 3.58%

(基板)Cu 73.98%, Sn 4.68%, Pb 19.58% 

分鑄  直接法。一鑄 
推定年代  前520−500年頃 


T-2.1


T-2.1

マフディアのエロース

Eros von Mahdia; Mahdia Eros

現所在 Tunis, Musée National du Bardo, F106 
発見  1907/6/21頃。チュニジア東部マフディア沖。海綿採集潜水夫 
現存高さ 136.5cm 
合金分析  (左肩の試料)Cu 71%, Sn 10.1%, Pb 17.9cm 
分鑄  9。(1) 頭部。(2) トルソ。(3-4) 両腕。手は腕と同鑄。(5-6) 両脚。(7) 左足の前半分。支脚側。(8-9) 両翼。翼だけ鑄掛け熔接でなく鑞付け。  
推定年代  前2世紀後半 


T-2.2  (cf. M-3)


T-2.2

マフディアのヘルメース柱

Herme von Mahdia; Mahdia Herm

現所在 Tunis, Musée National du Bardo, F107 
発見  同上。 
現存高さ 105cm 
合金分析  Cu 70-71%, Sn 9-12%, Pb 18-20% 
分鑄  1。主要部は一鑄。 
推定年代  前2世紀