R-1.1


R-1.1

リアーチェの戦士B、〜ブロンズB

Bronzo B di Riace; Guerriero B di Riace; Riace Warrior B

現所在 Reggio Calabria, Museo Archeologico Nazionale, 12801
発見  同上 
現存高さ 197cm 
合金分析 

(頭部)Cu 85.94%, Sn 13.50%, Pb 0.233%

(頭部以外全部の平均)Cu 90.08%, Sn 9.26%, Pb 0.155% 
分鑄  16以上。(1) 帽子型の頭頂部。これは例外的に直接法。(2) 頭部。(3) トルソと右脚=支脚。(4) 左脚=遊脚。(5-7) 右上腕。右前腕。手首を含む右手。以上、後補。(8-10) 左上腕(オリジナル。前方で切断されている)。左前腕(後補)。手首を含む左手(後補)。(11-12) 陰嚢。ペニス。(13-14) 右足の前半分。中指。(15-16) 左足の前半分。中指。その他、失われた帽子・兜、槍、楯の部品数点。
推定年代  前450−440年頃 


R-1.2


R-1.2

リアーチェの戦士A、〜ブロンズA

Bronzo A di Riace; Guerriero A di Riace; Riace Warrior A

現所在 Reggio Calabria, Museo Archeologico Nazionale, 12802
発見  1972/8/16。カラーブリア、リアーチェ・マリーナ沖。アマチュア潜水夫 
現存高さ 198cm 
合金分析 

(頭部)Cu 87.35%, Sn 12.41%, Pb 0.062%

(頭部以外全部の平均)Cu 88.8%, Sn 10.75%, Pb 0.120% 

分鑄  12以上。(1) 頭部。髪房の一部は別鑄・熔接。両目は石灰石・ガラス・銅の薄板。歯は銅と銀。口は純銅で鑄からげ。(2) トルソと両脚。(3-4) 右腕。手首を含む右手。(5-6) 左腕。手首を含む左手。(7-8) 陰嚢。ペニス。(9-10) 右足の前半分。中指。(11-12) 左足の前半分。中指。その他、失われた兜、槍、楯の部品数点。 
推定年代  前470−450年頃 


R-2.1


R-2.1

ポルティチェッロの頭部A、〜哲学者頭部

Testa A di Porticello; Testa di Filosofo da Porticello; Porticello Head A

現所在 Reggio Calabria, Museo Archeologico Nazionale, 17096
発見  1969年初め。カラーブリア、ポルティチェッロ沖。漁師
現存高さ 42cm 
合金分析  Cu 89.1-91.3%, Sn 7.9-10.8%, Pb 0.1-2.9% 
分鑄  (頭部)2。後頭部から額の上部にかけて熔接線。(頭部以外)不明。 
推定年代  前460−450年頃 


R-2.2


R-2.2

ポルティチェッロの頭部B、〜ゼウス頭部

Testa B di Porticello; Testa di Zeus da Porticello; Testa Basilea;

Porticello Head B

現所在 Reggio Calabria, Museo Archeologico Nazionale 
発見 

発見は1969年初め。カラーブリア、ポルティチェッロ沖。漁師。

1969年バーゼル古代博物館に寄贈。1993年イタリアに返還。 

現存高さ 34.3cm 
合金分析  Cu 88%, Sn 12% 
分鑄  現存部分は一鑄 
推定年代  前450−440年頃 


R-3.1


R-3.1

クィリナーレの君主

Principe di Quirinale; Principe Ellenistico; Terme Ruler

現所在 Roma, Museo Nazionale Romano, Palazzo Massimo, 1049
発見  1885/2/7。ローマ、クィリナーレ丘の麓、サン・シルヴェストロ修道院の敷地内。後のクァトロ・ノヴェンブレ通り(現ナツィオナーレ通り) 
現存高さ (頭頂まで)204cm 
合金分析  Cu 89%, Sn 8%, Pb 3% 
分鑄  13。(1) 頭部。顔と髪で別鑄という報告もあるが、疑わしい。(2) 胴、右脚。(3) 左脚=遊脚。(4-5) 右腕。左腕。(6-7) 陰嚢。ペニス。(8-9) 右足の第2指と第4指は別鑄。(10-12) 左足の第2, 3, 4指も別鑄。(13) 失われた槍。現在のものは現代の補塡。 
推定年代  前200−150年頃 


R-3.2


R-3.2

クィリナーレの拳闘士

 Pugile di Quirinale; Terme Boxer

現所在 Roma, Museo Nazionale Romano, Palazzo Massimo, 1055
発見  同上 
現存高さ 128cm 
合金分析  Cu 80%, Sn 10%, Pb 10% 
分鑄  10。(1) 頭部。頭頂部の部品は後補。(2) 胴体と右脚。(3) 左脚=遊脚。(4-5) 右腕。左腕。(6-7) 両手のヒマクス(手袋)。(8) 性器。陰嚢とペニスは同鑄。(9-10) 右足の真ん中の指3本。左足の真ん中の指3本。  
推定年代  前300年前後 


R-4


R-4

テヴェレのバックス

Bacchus da Tevere; Bacco di Tevere

現所在 Roma, Museo Nazionale Romano, Palazzo Massimo, 1060
発見  1885/9/20。ローマ、テヴェレの川底 
現存高さ 157.4cm 
合金分析   
分鑄  12。(1) 頭部。(2) トルソ。(3-4) 両腕。(5-6) 両脚。(7-8) 右足の前半分。中指。(9-10) 左足の前半分。中指。 (11-12) 陰嚢。ペニス。 
推定年代  紀元1世紀 


R-5


R-5

カピトリーノの馬

Cavallo Capitolino

現所在

Roma, Musei Capitolini, Palazzo dei Conservatori,

(a) 馬 MC 1064, (b) 騎手の左足 Inv. 2175 

発見  1849-1850年。ローマ、トラステヴェレ、パルメ通り(現アトレータ通り)。イタリアとヴァティカンの発掘調査 
現存高さ (a) 高さ190cm、長さ195cm 
合金分析   
分鑄   
推定年代  前470年頃 


R-6


R-6

コーンスタンティーヌス巨像断片

Frammenti di Statua colossale di Costantino; Fragments of Colossal Statue of Constantinus

現所在

Roma, Musei Capitolini, Palazzo dei Conservatori,

(a) 頭部 MC 1072, (b) 左手 MC 1070, (c) 右足 ?, (d) 球体 MC 1065 

発見  1471年、LateranoからPopolo Romanoに移管
現存高さ (a) 177cm, (b) 150cm, (c) ?, (d) 球体の直径 76cm  
合金分析   
分鑄   
推定年代  紀元4世紀 


R-7


R-7

カピトリーノの牝狼。(a) 牝狼 (b) ロームルスとレームス  

Lupa Capitolina; Capitoline Wolf. (a) Lupa, (b) Romolo e Remo; Gemelli; Romulus and Remus

現所在

Roma, Musei Capitolini, Palazzo dei Conservatori, MC 1181

発見  1471年、LateranoからPopolo Romanoに移管 
現存高さ (a) 高さ75cm、長さ136cm  
合金分析  (a) Sn 9.2%, Pb 5%. (b) Cu, Sn, Pbのほか、Znをかなり含む。  
分鑄 

(a) 直接法。または古代ブロンズを原型とした間接法。一鑄。

(b) 間接法。2人ともそれぞれ6。(1) 頭部。(2) トルソ。(3-4) 両腕。(5-6) 両脚。   

推定年代 

(a) 従来、前480−470年頃エトルリア製とされてきたが、現在は紀元8世紀または12世紀、トスカーナ製とする説が有力。

(b) 紀元1471年以後、ポッライウォーロ作。 



R-8


R-8

カピトリーノのブルートゥス

Bruto Capitolino; Capitoline Brutus

現所在 Roma, Musei Capitolini, Palazzo dei Conservatori, MC 1183 
発見  最初の素描は1532年と1536年の間にローマで描かれた 
現存高さ 69cm 
合金分析   
分鑄   
推定年代  前3世紀前半。着衣部分は後世の補塡。 


R-9


R-9

カピトリーノのスピナーリオ、〜棘を抜く少年

Spinario Capitolino; Capitoline Spinario; Kapitolinischer Dohrnauszieher

現所在 Roma, Musei Capitolini, Palazzo dei Conservatori, MC 1186 
発見  ローマ皇帝のコレクションに含まれていた。その後おそらくコーンスタンティーヌス帝時代(在位紀元324-337年)にローマ司教の所有に帰した。1471年、LateranoからPopolo Romanoに移管
現存高さ 73cm 
合金分析   
分鑄 

6。(1) 頭部。両目は失われた。唇は別鑄。(2) トルソ、右脚、岩。(3) 右腕、手。(4) 左腕。前腕の中ほどまで。(5) 左足と、それを摑む左手。(6) 左脚=遊脚。(7) 陰嚢とペニス(一体)。 

推定年代  頭部=前460−450年頃の立像の再利用。身体=前120年頃。 


R-10


R-10

マールクス・アウレーリウス騎馬像

Statua equestre di Marco Aurelio; Equestrian Statue of Marcus Aurelius

現所在 Roma, Musei Capitolini, Palazzo dei Conservatori, MC 3247
発見  古代以来 
現存高さ 424cm 
合金分析  (騎乗者)Cu 82.7%, Sn 7.2%, Pb 10.1% 
分鑄   
推定年代  紀元180年頃。在位161−180年、その直後。 


R-11


R-11

カピトリーノのヘーラクレース

Eracle Capitolino

現所在 Roma, Musei Capitolini, Palazzo dei Conservatori, 
発見   
現存高さ  
合金分析   
分鑄   
推定年代   


R-12


R-12

カピトリーノのカミッルス

Camillo Capitolino

現所在 Roma, Musei Capitolini, Palazzo dei Conservatori, 
発見  1471年、LateranoからPopolo Romanoに移管 
現存高さ  
合金分析   
分鑄   
推定年代   


R-13


R-13

カピトリーノの牡牛断片

Frammenti di Toro Capitolino

現所在 Roma, Musei Capitolini, Palazzo dei Conservatori, 
発見   
現存高さ  
合金分析   
分鑄   
推定年代