P-1


P-1

パレルモの牡羊

Ariete di Palermo; Ram of P.

現所在 Palermo, Museo Archeologico Regionale A. Salinas, 8365 
発見  中世以来。シラクーサのカステッロ・マニアチェを装飾していた 
現存高さ 高さ79cm、長さ138cm 
合金分析   
分鑄   
推定年代  前3世紀初頭 


P-2


P-2

セリーヌースの少年

Efebo di Selinunte; Youth from Selinous

現所在 Palermo, Museo Archeologico Regionale A. Salinas(一時的委託)
発見  シチリア西岸セルヌンテ(古代名セリーヌース) 
現存高さ 84.7cm? 
合金分析  Cu 86.0-91.5%, Sn 8.0-10.0%, Pb 0.5-2.0% 
分鑄   
推定年代  前470年頃 


P-3


P-3

ピオンビーノのアポッローン

Apollon de Piombino; P. Apollon

現所在 Paris, Musée du Louvre, Br 2 (Inv.61) 
発見  1832年頃。リヴォルノ近郊、ピオンビーノ沖。漁師
現存高さ 115.8cm
合金分析  Cu ca.75%, Sn 15%, Pb 8-10% 
分鑄  6以上。(1-2) 頭部。髪全体。(3) 首を含むトルソと両脚。(4-5) 両腕。(6)ペニスと陰嚢。 
推定年代  前1世紀 


P-4  (cf. L-2)


P-4

タマッソスのアポッローン右脚

Jambe droite d'Apollon de Tamassos

現所在 Paris, Musée du Louvre, Br 69
発見  1836年。キプロス島、タマッソス付近。1884年寄贈。
現存高さ 107cm。全身はおそらく210cmほどあった。
合金分析  Cu ca. 90%, Sn ca. 9.5%, Pb ca. 0.5-1%, Au 微量 
分鑄   
推定年代  前460年頃 


P-5


P-5

カルトチェートの群像

Gruppo di Cartoceto; Cartoceto Group

現所在 Museo dei Bronzi dorati della Città di Pergola 
発見  1946年。イタリア、マルケ地方、カルトチェート、ペルゴラ
現存高さ  
合金分析  Cu 79.8%, Sn 5.7%, Pb 13% 
分鑄   
推定年代  紀元2−4年頃 


P-6.1


P-6.1

ペイライエウスのアポッローン

Peiraieus Apollon

現所在

Pireas, Archaeological Museum, 4645 (1), 4646 (2), 4647 (3), 4648 (4), etc.;

Athine, National Archaeological Museum, 22633 (Homeric Bowl) 

発見  1959/7/18。アテネ郊外、ピレアス(古代名ペイライエウス)のヨルゴス1世大通り。土木作業員 
現存高さ 192cm 
合金分析  Cu 91%, Sn 8%, Pb 1% 
分鑄  直接法。(1) 頭部。(2) トルソと両脚。(3-4) 両腕。(5)陰毛・性器。  
推定年代  前530−500年頃 


P-6.2


P-6.2

ペイライエウスのアテーナー

Peiraieus Athena

現所在 Pireas, Archaeological Museum, 4646
発見  同上 
現存高さ 235cm 
合金分析  Cu 87%, Sn 11%, Pb 1% 
分鑄   
推定年代  前330−320年頃 


P-6.3


P-6.3

ペイライエウスのアルテミスA

Peiraieus Artemis A

現所在 Pireas, Archaeological Museum, 4647
発見  同上 
現存高さ 194cm 
合金分析  不明 
分鑄   
推定年代  前330−320年頃  


P-6.4


P-6.4

ペイライエウスのアルテミスB

Peiraieus Artemis B

現所在 Pireas, Archaeological Museum, 4648
発見  同上 
現存高さ 155cm 
合金分析  Cu 86%, Sn 12%, Pb 1% 
分鑄   
推定年代  前300年前後