F-1


F-1

アレッツォのキマイラ

Chimera d'Arezzo; Chimaira of Arezzo

現所在 Firenze, Museo Archeologico Nazionale, 1 
発見  1553/11/15。アレッツォ、ポルタ・サン・ロレンティーノ付近 
現存高さ 78.5cm 
合金分析  (平均)Cu 83%, Sn 14%, Pb 3% 
分鑄  おそらく直接法。(1) ほぼ全体。(2) 尻尾。現在のものは後世の補塡。
推定年代  前400年頃 


F-2


F-2

アレッツォのメンルウァ、〜ミネルヴァ

Menrva d'Arezzo; Minerva d'A.

現所在 Firenze, Museo Archeologico Nazionale, 2 
発見   
現存高さ  
合金分析   
分鑄   
推定年代   


F-3


F-3

アッリンガトーレ

Arringatore

現所在

Firenze, Museo Archeologico Nazionale, 3

一括出土品はPerugia, Museo Archeologico 

発見  1566/9/15〜10/21の間。ピラ(ペルージャの南西の小村) 
現存高さ 179cm 
合金分析  (下半身)Cu 82.20%, Sn 11.48%, Pb 5.41%, Zn 0.26% 
分鑄   
推定年代  前100-前88年頃 


F-4


F-4

リヴォルノのトルソ

Torso di Livorno; Torso of Firenze

現所在 Firenze, Museo Archeologico Nazionale, 1638 
発見  リヴォルノ 
現存高さ 94cm 
合金分析  Cu 87%, Sn 12%, Pb -, Zn - 
分鑄   
推定年代  前5世紀または紀元1世紀 


F-5


F-5

リッカルディの馬の頭部

Testa di Cavallo Medici Riccardi

現所在 Firenze, Museo Archeologico Nazionale, 1639 
発見   
現存高さ  
合金分析   
分鑄   
推定年代   


F-6


F-6

ペーザロのイドリーノ

Idolino di Pesaro; I. from P.; I. in Firenze

現所在 Firenze, Museo Archeologico Nazionale 
発見  1530年。ペーザロ(アンコーナの北西ファーノの北西) 
現存高さ 148cm 
合金分析   
分鑄   
推定年代  紀元1世紀