V-1


V-1

ヴァニのトルソ

Vani Torso

現所在 Turkey, Vani Museum (Otar Lordkipanidze Vani Archaeological Museum) 
発見  1988年。トルコ、ヴァニ(古代コルキスの周辺)の、前80年代に破壊された場所 
現存高さ 101cm 
合金分析   
分鑄   
推定年代  前2世紀 


V-2


V-2

トーディのララン、トーディのマルス

Laran di Todi; "Marte" di Todi

現所在 Città del Vaticano, Musei Vaticani, Museo Gregoriano Etrusco, (a) 本体 13886, (b) フィアレー ? 
発見  1835/6/2。トーディ(古代名トゥデル)の北西の山モンテ・サント。農園主 
現存高さ 141.5cm 
合金分析  Cu 79%, Sn 10%, Pb 11% 
分鑄  7以上。(1) 失われた兜。(2) 頭部。(3) 胴鎧。(4-5) 両腕。(6-7) 両脚。 
推定年代  前400年頃 


V-3


V-3

サン・マルコの馬

Cavalli di San Marco; Horses of San Marco

現所在 Venezia, Basilica di San Marco, 内部の2階。左からA, B, C, Dと呼ばれる。現在外に置かれているのはレプリカ。
発見  1204年、第4次十字軍の際にコーンスタンティーノポリスからヴェネツィアに齎された 
現存高さ (A)高さ233cm、長さ253cm  
合金分析 

(Aの胴体の一試料)Cu 97.65%, Sn 0.95%, Pb 0.98% 

分鑄   
推定年代  紀元2/3世紀 


V-4


V-4

サン・マルコの獅子

Leonei di San Marco; Leone di Venezia

現所在 Venezia, Molo della Piazzetta di San Marco 
発見  12世紀に近東(古代シュリアー領、現トルコ領)のタルソスまたはアイガイからヴェネツィアに齎された 
現存高さ (頭部までの高さ)193cm、(翼を含む最大高さ)226cm 
合金分析  (最古の部分の平均)Cu 78.5-80.4%, Sn 14.7-15.3%, Pb 2.7-4.2% 
分鑄  当初の分鑄は不明 
推定年代  最古の部分は前300年前後